手形割引でできること

手形割引でできることとは

手形割引は現金獲得の手段

手形割引とは、支払期日が来る前の手形を第三者へ裏書譲渡し、支払期日までの利息に相当する額や手数料を差し引いた金額で換金することです。 たとえば、あなたが額面200万円の手形(支払期日は1か月後)を持ちながら、手持ち現金がなく、明日までに100万円が必要な場合で考えてみます。このとき、あなたに手形以外に明日までに換金できる財産がなければ、この手形の支払期日までの利息を仮に10万円とすると、190万円で第三者に裏書譲渡して、190万円を受け取ることができます。そして、ここから100万円を支払うことができます。

↑PAGE TOP