マークシートの主流

マークシートの普及率

試験の主流であるマークシート

マークシートとは、台紙に予め枠が書かれていて、複数の枠の中から必要な枠だけを黒く塗ると、コンピューターがこれを読み取り判別するという仕組みです。手書きの文字や数字を読み取るOCRという技術もありますが、判読レベルは低く、誤読も発生するので、大量かつ正確にデータを処理する必要がある現場で多用されています。最も馴染みがあるのが、試験です。現在、学校の入学試験から各種資格試験まで、多くの試験がこのマークシート方式を採用しています。

↑PAGE TOP