ビジネスで英語メール

ビジネスで英語のメールを送る

ビジネスで英語メールを送る時

ビジネスで英語メールを送る時、日本語とは大きく異なることがあります。日本語だと、時候の挨拶などが長くなる傾向がありますが、英語の場合はより短く要点だけを述べる必要があります。相手は忙しいので、最初になぜこのメールをあなたに送るのかを記載し、その次に相手にやってほしいことを述べます。最初に数行が意味がないと、そこで捨てられてしまいます。相手が膨大な数の書類を読んでいると理解し、最初の数行で次を読ませる必要があるのです。日本語で言う「ご検討ください」という文言はビジネスには不要です。外国人は「大きなお世話」と感じるようです。

ビジネス英語初心者にお勧め

ビジネス英語というと会社での電話やメールのやり取り、プレゼンテーションなどに必要なフレーズを学んでいきます。初心者コースは学校で学んだフレーズを仕事で発揮できるようにブラッシュアップしていけるので中学生や高校生レベルでも焦る必要はありません。また、スクールや通信講座なら聞く、話す、読む、書くをバランスよく学べます。通信講座や参考書などを使い、自主学習するのもいいですが、短期間でビジネス英語を身につけたいと考えているならスクールやネットを活用した学習方法もお勧めです。どちらもマンツーマンで学べ、より正確に必要なフレーズを身につける事が出来ます。

↑PAGE TOP